ブリアン 歯磨き粉

ブリアン 歯磨き粉を購入したい主婦の子供の虫歯体験談

歯磨きを逃げ回る子供の、大変な歯磨きの時間(4歳:男の子)

 

虫歯になった子供

歯磨きを嫌がり逃げ回ってしまいます。

 

最初は無理矢理押さえつけてゴシゴシ磨いていたのですが、その無理矢理な行動が逆に歯磨き嫌いにさせてしまったようです。

 

でも、磨かなければ虫歯が気になるし虫歯になってしまうと、歯医者での治療の方がこの子には辛いと思うんです。

 

そこでなんとか歯磨きを好きにさせる方法はないものかといろいろ調べました。

 

すると、一気に全ての歯を磨こうとするから時間がかかりすぎてしまい、子どもも嫌がるので、1か所だけ決めて、そこだけを一瞬だけ磨いてストップ、と言うことを数回繰り返すような形で行なうといいという記事をみつけたんです。

 

そこで、実践してみました。

 

まずは歯ブラシを隠しておいて、近づき、サッと前歯だけ磨くんです。

 

そして、一瞬でも歯ブラシを歯に当てられたらそれだけで褒める、と言うことを繰り返しました。

 

でも、結局、どの歯もきれいに磨けないままなんです。

 

本当に一瞬しか口を開けてくれず、歯磨きだと気づいただけで逃げてしまいます。

 

私だから嫌がるのかと、主人に歯ブラシを持たせてみたけれど、結果は同じでした。

 

いつか、嫌がらずにできるといいなと思いながら、毎日歯磨きの度に息子と格闘です。

 

本当に疲れ切ってしまいます。

 

早くブリアン 歯磨き粉を使えるようになりたいと思っています。

 

小学生になると逆に本当に歯磨きが大変

 

虫歯菌

こどもの歯の健康にはずっと気を配ってきました。

 

こどもがまだちいさい頃は甘いお菓子やジュースを与え過ぎないようにしたり、おやつのあとは口をゆすがせたり朝晩の歯磨きはしっかりして、仕上げ磨きを念入りにしたりしていました。

 

でも小学生になると友達の家に行っておやつをいただく機会が増えます。

 

その後に口をゆすいでいるかどうかの確認もできません。

 

学校でも給食のあとに口をゆすいで欲しいのですが、後片付けがあったり遊びに夢中だったりでなかなかできていないようです。

 

男の子というのもあり、ちいさい頃は仕上げ磨きをよろこんで受け入れていたのですが、小学校になってだんだん恰好をつけるようになると恥ずかしがってさせてくれませんし、いつまでも親がやるものでもないので基本こどもに任せっぱなしですが、そうするとついつい雑な磨き方になってしまいます。

 

見ていてもどかしく、ついきつい口調で注意しがちですが、そうするとますます歯磨きが雑になる悪循環です。

 

比較的女の子はすすんでていねいにやるようです。

 

男の子もしっかりしている子はちゃんとやるんでしょうが、我が子はとにかく面倒くさそうにいつもチャチャッと済ませます。

 

学校の歯科検診で毎回、虫歯がなく歯肉も健康というのが不思議なくらいです。

 

いまはいいですが、雑な歯磨きを続けているといつか虫歯になってしまうのでは?と心配です。

 

ブリアン 歯磨き粉は子供の虫歯予防に効くと聞いているので試したいです。

 

正しく丁寧な歯磨きをすすんでさせるよい方法があったら知りたいです。

 

(8才:男の子)